京都向日市洛西口で変形性股関節痛にはオステオパシー整体

京都府向日市 JR桂川・阪急洛西口

057-921-4976

「ホームページを見て」…とお気軽にお電話下さい

電話受付 9時〜22時/診療 9時半〜21時
休診日:金曜午後・土曜(日・祝は診療)

変形性股関節症

  • 東京都 50代 男性 まつお さん
  • 主な症状:(変形性股関節症)手術はしたくないが悩んでいる
  1. 来院前の状態
  2. 施術1回目
  3. 施術2回目(1か月後)
  4. 施術3回目(2回目より1ヶ月後)
  5. その後
  6. まつお様 4回目施術後のアンケートより

同じ症例を治療家向けに詳しく書いているページはこちら

来院前の状態

1998年に右股関節の脱臼骨折。
その時から股関節が動かしづらくなっていたが、その数年後にボールを思いっきり投げた弾みでぎっくり腰になったのがきっかけで歩行が痛く辛くなる。人工股関節の置換手術はできればやりたくない。奥様の勧めで来院。

施術1回目

検査をしていくと、右股関節がほとんど回せず、動かすと痛みが走りました。右股関節だけでなく、痛みが続いていたことから全身の緊張が抜けなくなり、身体がリラックスしている状態を忘れています。また、お腹を軽く押すと痛みがでるくらい硬いです。

お腹の奥には「大腰筋」と呼ばれる背骨から股関節に繋がる筋肉が走っており、お腹が硬くなると股関節に悪影響を及ぼしてしまいます。また、筋肉だけでなく内臓の血液やリンパの循環も悪くなり、その結果身体の回復力が落ちていることが伺えます。さらにお尻周りの筋肉が右側が固まって萎縮していました。

そのせいで、骨盤が大きく捻れ(右股関節をかばい続けたのが原因)全身の動きに滑らかさが無くなっていました。

初回の治療としては

  • まずは全身の力の抜き方を体に思い出してもらうこと。
  • お腹の奥の筋肉、筋膜に柔らかくなってもらい、内臓の血液やリンパ循環を良くする。
  • 骨盤の大きな捻じれを改善する。

に重きをおいて治療しました。

最初はうつ伏せでお尻周りの筋膜を優しく(ここ大事!)緩めます。

次に背骨や背中の筋肉のガチガチになっている所にも優しく(あくまでも優く)緩んでもらいます。

20数分の施術のあとで立っていただくと、身体が軽く痛みが半減していました。

次は仰向で骨盤の捻れて固着した靭帯、内臓の循環をかいぜんすると歩いても痛みが気にならないくらいに減っていました。(これもあくまで優しく)

全身の過緊張と全身の循環が良くなったところで最初の施術を終えました。

施術2回目(1か月後)

2回目来院時には股関節の痛みが3分の1程に減ってきていました。

この日の施術は股関節のねじれと、頭蓋骨や骨盤の微細な動きの調整。(頭蓋骨と骨盤は細かく呼吸運動をしています!)

そのあとに全身の調整いを行いこの日は施術を終えました。

施術3回目(2回目より1ヶ月後)

「ランニングの後は痛むけど普段の生活では痛みが無くなった!」と話されていた まつお さん。

活動的な方なのでランニングや自転車で運動をできるようになっていきたいとのこと。もう手術をする気は全く無くなった様子です。全身の動きもかなり滑らかになってきました。

この日は今までの施術に加えて、踵の骨のポジショニングや足首の動きも滑らかになるように身体に思い出していただきました。

その後

月に1回のペースで合計5回ほど来院していただきすっかり痛みも楽になっていただきました。大好きなマラソンや自転車も再開して今でも2.3ヶ月に一度のペースでメンテナンスに来院していただいております。

まつお様 4回目施術後のアンケートより

どのような症状でしたか?

右股関節脱臼骨折(1998年)人工股関節の置換手術を受けるかどうか迷い「だまされた」ぐらいの気持ちで来院。

施術を受けられてどうでしたか?

劇的に改善。でも事実。手術は受けるつもりが全く無くなりました。

症状別ページ

診療カレンダー

◎日曜・祝日も診療